カテゴリー別アーカイブ: モノ作り体験教室

平成29年度 活動報告レポート

NPO法人東大阪地域活性化支援機構の、平成29年度 活動報告レポートを公開いたします。

平成29年度も、たくさんの事業を実施させていただくことができました。

地元東大阪市に貢献することを目的として集まった企業のご協力があって実現した事業です。

また今年度(平成30年度)も、より一層貢献して参りたいと思っています。

事務局と講師、企業様と共々頑張っていきますのでよろしくお願い申し上げます。


▼東大阪地域活性化支援機構活動レポート29年度.pdf

データはPDF形式のファイルです。
閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。

 

続きを読む

グッズ工作体験教室

2017年09月05日(火)

グッズ工作体験教室が行われました。

講師の先生は株式会社美販さんの、尾寅さまです。

このグッズ工作では、すべて講師の先生の口頭説明で進められていきます。

 

続きを読む

ひな人形体験教室

2018年2月8日(木)

ひな人形体験教室が行われました。台紙と布で、お大尽様とお雛様を作ります。

講師を務めてくださった、株式会社松よし人形代表取締役社長・小出様(左)と、助手の酒井様(右)です。

黒板を使って順序を説明する、とても丁寧でわかりやすい授業です。

続きを読む

エコ製品体験教室

新年明けましておめでとうごさいます。

昨年は、大変お世話になりました。そして支援いただき、誠にありがとうございます。

引き続き、事務局は精進して参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、2018年1月16日にエコ製品 体験教室が行われました。

講師を務めていただきました、株式会社アドバンスの 取締役会長 安川様です。

とても気さくで朗らかな雰囲気のお方でした。

続きを読む

ワイヤーアート体験教室

11月22日 「ワイヤーアート」体験教室が行われました。

ワイヤーといえば、金網などに使われるシンプルなものを思い浮かべますが、本社が東大阪にある日本化線株式会社は、ワイヤーに樹脂コーティングする技術を持っています。

講師は日本化線の担当者の方とワイヤークラフトマイスターの福田先生です。

学校の周りに張り巡らされているフェンスとの違いなど、まずは日常のどんな部分でワイヤーは活かされているのかをわかりやすく説明くださいました。

子供達に2色の柔らかいワイヤーが配られました。柔らかいワイヤーは子供達の手を使って「自遊自在」に形作りができます。

1巻きつける 2ねじる 3切る 4曲げる 5とめる この基本に沿ってまずは予備のワイヤーで一通りの作業を試していきます。

マイスターの福田先生は、何年も学校で子供達の指導をしてきた、大ベテランです。前に立ってこんな大きなワイヤーを使い、コツを説明してくださいました。「さすが!」と思わせる工夫を随所に感じることができました。

続きを読む

作図体験教室

 

11月8日 作図体験教室がありました。講師はNPO法人地域基盤技術継承プラザの森本先生です。

全てのモノづくりは、この作図から始まります!子供達にモノづくりの基礎を教えてくださいました。

森本氏:「新幹線は時速何キロで走るか知っていますか?」

男児:「時速300キロです!」

こんな質問から話を進めていきました。これは作図を難しいものと捉えないようにする、森本さんの手法です。

森本:「実はこの新幹線のたくさんのボルトナットも東大阪の会社で作られています。そして、このボルトも作図が必要で、新幹線にも作図が必ず必要になります。」

その話をすることで、モノづくりの基礎は作図なんだと子供たちが自然に理解できるようになります。

続きを読む

アートネジ体験教室

2017年10月30日(月)

川端ネジ製作所さんがアートネジ体験授業を行って下さいました!

川端ネジ製作所さんはご家族で経営されていらっしゃいます。

東京の銀座にある商業施設「TOKYU PLAZA GINZA」のBF2エレベーター横に 5000本のアートネジがサインディスプレイで採用されていたりと、とってもすごい技術と功績をお持ちの方々!

続きを読む

まねきねこ体験教室

10月26日 「まねきねこ体験教室」が行われました。

株式会社サンワの「クラフテリオ」のスタッフが講師をしてくださいました。「クラフテリオ」は図工で使う教材を取り扱いされています。

「今日は張り子のまねきねこ作り体験をします」

スタッフの方々はとても優しく丁寧に子供達に「張り子のまねきねこ」ができるまでと絵の具の塗り方などを説明してくださいました。

まねきねこには2種類あります。商店に置いてあるのは左手をあげていますが、子供達が作るのは金運、幸運を招く右手を上げているまねきねこです。

事前に考えたイメージ図を見ながら色ぬりの開始です。「色ぬりは大好きなの!」と言って無言で集中してました。

細かい部分は、どうすると上手に出来るか。。。平面の紙に色を塗ることは慣れているけど、立体的なものに色づけする作業は、筆の使い方にも注意が必要です。 続きを読む