カテゴリー別アーカイブ: イベント情報

7/23(土)AMラジオ工作体験教室@東大阪市産業支援センター

P1160256

昨年に引き続き、東大阪市立産業技術支援センター(東大阪市高井田中1)にて、「無線って何だ?AMラジオ工作教室」が開かれました。

この日は地元東大阪市内の小学生30名とその保護者の方が集まりました

今年も(株)日本無線のご協力により、大変素晴らしい教室となりました。

参加者の子供たちは4〜6年生。

前半は無線の仕組みについてのレクチャーを聞き、後半は慣れない半田付けやラジオの組み立てをしていただきました。

P1160255

ラジオを組み立てる工具とパーツがきちんとならべられています。

工具の使い方を学ぶのも勉強ですね。

続きを読む

参加者募集! 7/23(土)無線って何だ?AMラジオ工作教室

radio

基盤への半田付け、アンテナづくりなどラジオ工作を通して無線の仕組みがわかります。
わからないことや、難しいことは、日本無線のスタッフがしっかりサポートします。


【日時】2016年7月23日(土) 13:00~15:30(12:30開場)

【場所】東大阪市立産業技術支援センター 3F研修室

〒577-0011 東大阪市高井田中1-5-3

TEL: 06-6785-3325

【定員】30組 60名(抽選) ※必ず保護者の方と一緒にご参加ください。

【対象】小学4年生~6年生とその保護者

【料金】無料

▼昨年の実施の様子はこちらをご覧ください。

http://npo-higashiosaka.org/?p=1124


▼申し込みはこちらのフォームからお願いします。

申し込みは締め切りました。

多数のご応募ありがとうございました!

申し込み開始 2016年07月01日 09時00分から
申し込み終了 2016年07月13日 17時00分まで

http://kokucheese.com/event/index/309176/


《主催》NPO法人東大阪地域活性化支援機構

《共催》日本無線(株)

《後援》東大阪市、東大阪教育委員会


【お問い合わせ】

NPO法人東大阪地域活性化支援機構
〒577-0011 大阪府東大阪市荒本北1丁目4−17 クリエイション・コア東大阪410
TEL : 06-6745-2337 FAX : 06-6743-0122
E-mail : info@npo-higashiosaka.org

8/29(土)AMラジオ工作体験教室@東大阪市産業支援センター

IMG_4840

東大阪市立産業技術支援センター(東大阪市高井田中1)にて、「無線って何だ?AMラジオ工作教室」が開かれました。

この日集まってくれたのは、小学4年生~6年生の子供たち。

IMG_4843

今回は日本無線(株)から講師をお招きして、こんなラジオを作りました。

回路基板にコンデンサや抵抗、IC、バリコン等のパーツを半田付けして組み立てていきます。

また、スパイダーコイル枠にエナメル線をぐるぐる巻きつけて、アンテナも作っていきます。

実はこのラジオのデザインは、子供の頃にラジオを組み立てた経験のある大人からは、大変人気のあるデザインでした。

皆さん「かっこいい〜!」と喜んでいらっしゃいました。

続きを読む

8/29(土)無線って何だ?AMラジオ工作教室 参加者募集!

radio

基盤への半田付け、アンテナづくりなどラジオ工作を通して無線の仕組みがわかります。
わからないことや、難しいことは、日本無線のスタッフがしっかりサポートします。


【日時】2015年8月29日(土) 13:00~15:30(12:30開場)

【場所】東大阪市立産業技術支援センター 3F研修室

〒577-0011 東大阪市高井田中1-5-3

TEL: 06-6785-3325

【定員】30組 60名(先着順) ※必ず保護者の方と一緒にご参加ください。

【対象】小学4年生~6年生とその保護者

【料金】無料


定員に達したましたため、受付を終了しました。
ありがとうございました。

続きを読む

遊んで学ぼう!モノづくり体験教室@わんぱく相撲大会東大阪場所

4/5(日)に、東大阪アリーナにて「わんぱく相撲大会東大阪場所」が開催されました。

このイベントは東大阪青年会議所が主催され、今年で21回目となるそうです。

出場したのは大阪市内在住の新1~6年生の児童たち約260名。

実は東大阪場所は、若貴も出場した国技館で行われる「わんぱく相撲全国大会」の予選会でもあるそうです。

そして東大阪アリーナには本土俵もあり、実は相撲に力を入れている地域だそうです。

そんな「わんぱく相撲大会東大阪場所」にて、東大阪地域活性化支援機構の「モノづくり体験教室」も一緒に参加させていただきました。

今回開催した教室は、次の3つの教室です。

今年はこの「モノづくり体験教室」に参加したくて相撲大会にも応募したというお子さんも多数いたそうで、受付後10分ほどでほぼ定員一杯になるほどの人気ぶりでした。

普段小学校で体験教室を行うときは、同じ学年の子どもたちが参加するのですが、今回は1年生から6年生まで年齢も様々。

低学年のお子さんは、保護者の方も一緒に製作に参加していただきました。

最初は何をどう作っていいのか戸惑っていた子どもたちも、いつの間にか持ち前の創造力を発揮して、思い思いの作品を仕上げていきました。

帰り際に、「来年はまた違う教室に参加したい!もっと別の作るねん!」と嬉しそうに変える参加者もいました。

●NHKの「関西NEWS WEB」でも紹介されました。(動画あり)

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20150405/3737121.html

小学生たちの相撲大会が5日、東大阪市で行われ、力いっぱいの熱戦が繰り広げられています。
この相撲大会は、8月に行われる全国大会の予選を兼ねて地元の青年会議所が開き、小学1年生から6年生までの250人余りが参加しました。
取り組みの前には、高校生や大学生などを相手に稽古が行われ、子どもたちは体の大きな相手にはね返されながら、稽古に臨みました。
このあと、学年ごとのトーナメント方式で取り組みが行われ、体操服の上にまわしを締めた子どもたちは、行司役のかけ声を合図に勢いよくぶつかり合いました。
土俵際に何度も追い込まれながら粘る子どももいて、元気いっぱいの熱戦に熱い声援がおくられました。
大会は5日午後4時ごろまで行われ、勝ち進んだ子どもは全国大会を目指して大阪地区の大会に進むということです。
出場した小学3年生の男の子は「対戦相手が思ったより強かったけれども、なんとか押し返して勝つことができ、うれしかった。これからも勝って優勝したいです」と話していました。