グッズ工作体験教室


グッズ工作体験教室のレポートをお送りします

講師は、株式会社美販の尾寅社長です

こちらの会社はダンボール製品の企画、販売をされています

今日は、ダンボールでロボットの手を作ります

3種類のダンボールを子供達に配りました

まずは、親指から作りますよ

指がスムーズに動くように、指の関節部分をくり抜いていきます

子供達の「気持ちいい〜」という声が、そこかしこから聞こえてきました

きちんと切り目が入っているから、ストレスなく、すっと穴が空きます

折り目のある方を内側にして、筒状になるように織り込んでいきます

手の腹で押して、グッグッと折り目をつけていきます

この「折る」という作業をきちんとすることで、後々の作業が楽になります

三角柱を固定するために、紙と紙を噛み合わせるようにして、ロックをかけます

 

被災地などでも活躍するダンボール!

釘や接着剤がなくても、立体的に組み合わせることができます

「ダンボールは工夫次第で万能なんだな〜」と改めて実感しました

 

次に中指と薬指を作ります

先生に言われた通り、みんなきっちり仕事を進めています ↓

親指、中指、薬指が完成! ↓

さらに小指と人差し指へと進んでいきます

このパーツ、なんだか顔に見えませんんか? ↓

子供たちも  「顔みたい〜」  と!

ふふふ・・・

中指と薬指のパーツと人差し指と小指のパーツを組み立てていきます

グループ内でわからない子がいれば、助け合いながら作業をすすめていきます

「こうするんだよ」

そんな姿を見て、ホッとしました

指を操るための紐を差し込んでいきます

これはちょっと技が入ります

紐を筒の中にうまく入れるため、ダンボールを机のどの位置に置くかを考えながら作業します

とりあえず、4本の指に紐が通りました

親指も取り付けて、関節部分をおりまげると・・・

みんなの手が!!

ほら完成!!!

紐を引っ張り、動きを楽しみます

「孫の手みたい〜」と、背中をボリボリ・・ ↓

早速、’グッズ工作マジック’ に、はまっています 笑

クラス全員が時間内に「ロボットの手」を完成させました

優秀です (拍手)

阿部

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!
サポーター会員募集中!

東大阪市内の子ども達のモノづくり教室を応援してください。

東大阪市からの委託事業として、次世代を担う子どもたちにモノ作りの啓発を推進することを目的とし、平成15年より東大阪市内の小学校52校を対象に、5,000人の児童への「モノづくり体験教室」を実施しています。

「モノ作りの町東大阪」について、地元企業活動を子どもたちに知ってもらうことと同時に、道具の使い方、モノ作りの基本、素材の基本等を、実体験を交えながら学んでいただけます。

現在、12社の地元企業が講師となり、13教室を実施しています。

モノづくりの町東大阪市として、「モノづくりのDNAを次世代の子供たちに残したい。」

そんな思いで講師の方々はご協力くださっています。

▼「モノづくり体験教室」の詳細は下記をご覧ください。

社会教育支援事業「モノづくり体験教室」

▼サポーター会員への参加ご希望の方は、こちらをご覧ください。

会員入会ご案内

<NPO法人 東大阪地域活性化支援機構>
〒577-0011  東大阪市荒本北1丁目4-17 クリエイション・コア東大阪
((株)ロダン21内)
TEL : 06-6745-2337  FAX : 06-6743-0122


会員の皆様は、NPO法人東大阪地域活性化支援機構のサイトと、相互リンクを張るためのバナーをお使いください。

▼リンクは下記のURLへ張ってください。

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!サポーター会員募集中!
http://npo-higashiosaka.org/?p=1093

npobunner_s

npobunner_m

npobunner_l