3月3日の桃の節句が近づいてきました。

皆さんは1年を通して5つの節句があることを知っていますか?

1月7日は人日の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句、7月7日は七夕の節句、9月9日は重陽の節句です。

季節の変わり目に、無病息災や豊作や子孫繁栄を願い邪気を払う年中行事ですね。

この季節にぴったりな、モノづくり体験教室「ひな工作」をご紹介します。

講師は東大阪の「株式会社松よし人形」の小出道子社長です。

厚紙にひな人形に使用する生地を貼り付けて製作していきます。

本物の雛人形に使用する布を使って作る、とても高級なモノづくり体験です。

布には、表裏があります。

「表地は柄がはっきりしていて、ギラギラしていません。」

「裏地は、柄が薄くて、ギラギラしていて、白っぽくて、内側に丸まっています。」

子供達は説明を聞いてすぐに作業に取り掛かりました。

「生地は引っ張りながら貼り付けると、より綺麗になりますよ。」

アドバイスをしっかり聞いて、丁寧に仕上げていきます。

まずは、お内裏様の下半身が完成です。

次は上半身に取り掛かります。

ここでも、生地の表裏を考えて貼り合わせてていきます。

真中に切り込みを入れて、お人形の首が入るようにします。

首を入れたら、凛々しいお内裏様が出来上がりました。

2限目は、お雛様の作製です。

美しい赤桃色の生地を厚紙に貼り合わせます。

スポンジを挟んで筒状にし、そこにお顔を入れます。

見える部分も抜かりなく色を塗っていきます。

お顔を入れて、お雛様が完了したら、次は飾りを足していきます。

この飾りが、お人形たちをもっと華やかにさせてくれます。

まずは、お雛様の帯を作ります。

そして、お内裏様の冠と、お雛様の髪飾り。

「できた〜〜。」

世界に一つの、お顔や表情の違う素敵な雛人形が完成しました。

講師企業:株式会社松よし人形