紙袋体験教室


170922  紙袋体験教室

9月22、紙袋体験教室がありました。講師はザ・パック株式会社の佐々木さんです。

子供達にはまず、1枚の細長い紙が配られました。

「紙袋には種類があって、今日みんなが作るのは、口が折り返された丈夫な紙袋なんだよ」との説明から始まりました。身近にあるたくさんの紙袋がどのように完成するのか、興味津々の子供達です。

出来上がった紙袋を解体することで、1枚の紙が立体的な紙袋になるイメージを子供達に伝えてくださいました。「お〜!」「ほんまや!この紙とおんなじや」などの子供達の感嘆が聞こえました。

「アイロンを当てるように丁寧にきっちりと貼ってください」その教えを守って、集中して両面テープを剥がしていきます。ピンと伸ばしたこの指先!臨場感が伝わりますか?

何番目の折り目をどの順番で折っていくのか、ちゃんと順番があるのですね。「どこの線で折るの?」「これでいいの?」隣のお友達と相談しながら、着々と進めていきます。

「向こうが見えるね」「本当だ!」このままだと荷物がストンと落ちてしましますね。 笑

両面テープを貼るタイミングを聞いて、最後まで気が抜けません。さあ、底を貼り合わせたらもうすぐ完成ですね。

「やった〜」完成しました!!嬉しくって自分の紙袋を頭に被りおどける子供達です。

僕が作った私が作った、僕だけの私だけの、世界に一つの紙袋。後日、図工の時間に絵を書くようです。オリジナル作品を完成させる子供達の様子を想像するとワクワクしますね。

最後に、先生からの質問。「紙袋の表はどっちでしょうか?」「こっちかな。。こっちかな。。」みんな元気よく手をあげていますね。表裏の理由もちゃんとあります。紙袋の豆知識も教わって、「へ〜そうなんだ〜。へ〜」と感心している子供達。

授業終了後に、一人一人が一言感想を発表してくれました。「紙袋の仕組みがわかりました」「楽しかったです」「底の作り方がわかりました」「豆知識がわかりました」などなど。。。

後日学校の先生からも丁寧なお礼文をいただきました。学校で大切に保管して3学期末の作品集を持って帰るときに使うそうです。素敵な作品がまた一つ増えましたね。


みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!
サポーター会員募集中!

東大阪市内の子ども達のモノづくり教室を応援してください。

東大阪市からの委託事業として、次世代を担う子どもたちにモノ作りの啓発を推進することを目的とし、平成15年より東大阪市内の小学校52校を対象に、5,000人の児童への「モノづくり体験教室」を実施しています。

「モノ作りの町東大阪」について、地元企業活動を子どもたちに知ってもらうことと同時に、道具の使い方、モノ作りの基本、素材の基本等を、実体験を交えながら学んでいただけます。

現在、12社の地元企業が講師となり、13教室を実施しています。

モノづくりの町東大阪市として、「モノづくりのDNAを次世代の子供たちに残したい。」

そんな思いで講師の方々はご協力くださっています。

▼「モノづくり体験教室」の詳細は下記をご覧ください。

社会教育支援事業「モノづくり体験教室」

▼サポーター会員への参加ご希望の方は、こちらをご覧ください。

会員入会ご案内

<NPO法人 東大阪地域活性化支援機構>
〒577-0011  東大阪市荒本北1丁目4-17 クリエイション・コア東大阪
((株)ロダン21内)
TEL : 06-6745-2337  FAX : 06-6743-0122


会員の皆様は、NPO法人東大阪地域活性化支援機構のサイトと、相互リンクを張るためのバナーをお使いください。

▼リンクは下記のURLへ張ってください。

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!サポーター会員募集中!
http://npo-higashiosaka.org/?p=1093

npobunner_s

npobunner_m

npobunner_l