作図・サイコロを作ろう!体験教室 in 2022

作図・サイコロを作ろう!体験教室 in 2022

Pocket

「作図・サイコロを作ろう!体験教室」の見学に行ってきました。

講師は、【NPO法人地域基盤技術継承プラザ】の森本先生です。大手メーカーでも公式講師として活動されているすごい方です。

「すべてのモノづくりには図面が必要です。」

こんな言葉から授業が始まりました。作図とはモノの図面を作ることです。

小学生にもわかりやすいように、作図の基本を教えてくださいます。

始めに、投影図(立体をある方向から見て平面に表した図)を理解するために色塗りをしていきます。

さらにサイコロを使い、理解を深めていきます。
実際のサイコロを見ながら、サイコロの投影図を書いていきます。その時必要なのは、斜眼紙と楕円定規です。個人では手に入れることのできない貴重な商売道具ですが、体験教室だからこそ使うことができますね。
サイコロに貼ったシールは丸いのに、投影図で表現すると楕円になります。そんなことを自然に子供たちは学んでいくのですね。

そして色々な形の投影図が完成した頃に、ちょうど2限目のチャイムがなりました。

先に完成させたお友達は、他のお友達のお手伝いをしたり、、、さすが6年生!

最後には講師の森本先生から「6年生の君達へ」夢を持つことの必要性をお話しくださいました。

最初から最後まで集中して聞いていた子供たちが、「将来モノづくりに携わってくれたら嬉しいな」と思いながら教室を後にしました。

(事務局 阿部)