作図体験教室


 

11月8日 作図体験教室がありました。講師はNPO法人地域基盤技術継承プラザの森本先生です。

全てのモノづくりは、この作図から始まります!子供達にモノづくりの基礎を教えてくださいました。

森本氏:「新幹線は時速何キロで走るか知っていますか?」

男児:「時速300キロです!」

こんな質問から話を進めていきました。これは作図を難しいものと捉えないようにする、森本さんの手法です。

森本:「実はこの新幹線のたくさんのボルトナットも東大阪の会社で作られています。そして、このボルトも作図が必要で、新幹線にも作図が必ず必要になります。」

その話をすることで、モノづくりの基礎は作図なんだと子供たちが自然に理解できるようになります。

作図には正面から見た図や、側面から見た図など様々な角度からの図面が必要になるのですが、クイズ形式で立体図と平面図が説明されていきます。  真剣に問題に取り組む生徒たち。答え合わせしたらほとんどの子供達は、正解です。生活の中で、自然に物事を立体に捉えている証拠ですね。

次に実際に作図を作成していきます。

方眼紙と定規を使い、サイコロの作図作成の始まりです〜〜

ポイントは30度の角度!!

「まっすぐ上に線引いちゃダメだよ〜。」事務局がなんども指摘をして、ようやく完成した子供達もたくさんいました。頭で考えていることをアウトプットするのって難しいね。

子供たちが使っているオレンジ色の定規は、「楕円定規」です。これを使いサイコロの目を書き込んでいきます。

サイコロの目も角度によって、まん丸ではなくなるのですね😃こんな気づきも、子供たちにとっては新鮮なはず!

今年から始まった待望の作図体験教室!小学生にも理解できるようにと、渾身の思いで進めてくださった森本先生の丁寧な指導により、モノづくりについて「新たな世界」を広めた子供達でした。

abe

 

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!
サポーター会員募集中!

東大阪市内の子ども達のモノづくり教室を応援してください。

東大阪市からの委託事業として、次世代を担う子どもたちにモノ作りの啓発を推進することを目的とし、平成15年より東大阪市内の小学校52校を対象に、5,000人の児童への「モノづくり体験教室」を実施しています。

「モノ作りの町東大阪」について、地元企業活動を子どもたちに知ってもらうことと同時に、道具の使い方、モノ作りの基本、素材の基本等を、実体験を交えながら学んでいただけます。

現在、12社の地元企業が講師となり、13教室を実施しています。

モノづくりの町東大阪市として、「モノづくりのDNAを次世代の子供たちに残したい。」

そんな思いで講師の方々はご協力くださっています。

▼「モノづくり体験教室」の詳細は下記をご覧ください。

社会教育支援事業「モノづくり体験教室」

▼サポーター会員への参加ご希望の方は、こちらをご覧ください。

会員入会ご案内

<NPO法人 東大阪地域活性化支援機構>
〒577-0011  東大阪市荒本北1丁目4-17 クリエイション・コア東大阪
((株)ロダン21内)
TEL : 06-6745-2337  FAX : 06-6743-0122


会員の皆様は、NPO法人東大阪地域活性化支援機構のサイトと、相互リンクを張るためのバナーをお使いください。

▼リンクは下記のURLへ張ってください。

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!サポーター会員募集中!
http://npo-higashiosaka.org/?p=1093

npobunner_s

npobunner_m

npobunner_l