Pocket

令和元年度の「グッズ工作」体験教室のレポートです。

講師は、株式会社美販の代表取締役社長の尾寅さんです。

現在、段ボールケース及び美粧ケースを中心に企画・製造・販売を行う会社です。

今日は、段ボール紙でつくる「ロボットの手」製作の体験教室です。

まずは1人につき、3枚の段ボール紙が配られました。

段ボールには表裏があります。折線の入っている方が裏になります。その折線側が上になるように机上に置きます。つまり裏が表に出るように(表が内側になる)ようにしっかり折り目をつけていきます。

最初は、親指を作ります。

次は中指と薬指です。

しっかりと折り目をつけないと綺麗な指の形にはなりません。ギュッギュッと押して、押して。

人差し指と小指までどんどん折っていきます。

一心不乱に折り目をつける子供達。

親指以外の四指を合体させたら、指を操るための紐を筒の中に入れていきます。

最後に親指を合体させたら、完成です。

そうそう、指がうまく曲がるために関節を曲げておくこともお忘れなく!

じゃんけんをして遊ぶ子、友達の顔をつかもうとする子、それぞれが小さくはしゃいました。

尾寅社長は、最後に「3つの大切なこと」をお話しされていました。

・柔らかい紙でも人に怪我をさせてしまうことがあります。

・しっかり話を聞くことで、作品の仕上がりが変わってきます。

・紙は作り直しが可能なので、失敗しても色々と試してみましょう。

生活の中に身近にある「紙」を使い、新しい感覚を体験した子供達でした。