Pocket

令和元年度の「アートねじ」体験教室のレポートです。

講師は川端ネジ製作所の川端代表と奥様です。

川端ネジ製作所は、マイナスねじを中心に工業用のネジを作っている会社です。工業用のミシンにこのマイナスねじは必須です。世界中の縫製工業で使用されてるミシンに、川端ネジ製作所のネジが使用されています。そんなマイナスネジに遊びごごろをを持たせたいと思い、様々なデザインのアートネジを製作されています。

さあ、こーんなカラフルな「ねじ」を使い、アート作品を作成しましょう。

よく見るとえんぴつ型のネジもあります。

テーマは「東京オリンピック2020」!

このテーマに沿って各自が絵を描いてきています。

子供達がアート作品の中に取り込みたいネジを選んでいます。

川端代表は「作品を完成させる以上に、ネジを見て、触れて体感することが大切なんですよ。」とお話しされていました。

ネジを選んで、工具を使い各々が作品に取り付けていきます。

とてもクオリティの高い作品が完成しました。

以下は子供たちの感想です。

・ねじの使い方が広がって面白かった。

・アートネジを知れてよかった。

・ねじにいろいろな種類があるんだと思った。

・えんぴつ型のネジが使えてよかった。・・・などなど

川端代表は、

「ネジとナットは両方があってしっかり止まります。皆さんの驚きや楽しんでる様子を見れてよかったです。」

と、おっしゃっていました。

講師も児童も実りのある体験教室でした。