「バネのおもちゃ」体験教室


今回は「バネのおもちゃ」体験教室のレポートです!!

フセハツ工業株式会社の吉村社長、自らが講師として教壇に立ってくださいました

貴公子のような温和なお人柄の吉村社長の授業は、「自分達のための貴重な授業を受けている」という気持ちにさせてくれる素晴らしいものでした

バネは私たちの生活の様々なシーンで使用されています。例えば、バイクのサスペンションは体への衝撃を吸収してくれます

その他、ヘアクリップや洗濯バサミ、ボールペン、自動車、傘、家電などなど・・・

バネを使わない日はないですね。

 

一般的には金属のバネが多いのですが、この体験教室ではバネをもっと身近に考えてもらうため、7色の紙を使い、紙製のバネを作りました

説明書やカラー紙への印刷、袋詰めは全てフセハツ工業株式会社のお手製です。

まずは、外と内の太線を切り、ドーナッツ状のものを作ります。

切り方一つ見ても、個性が光ります。

四角に切ってから、1枚1枚円形に切り抜く子 ↓ ↓

いきなり円状に切ってどんどん進めていく子 ↓ ↓

内側の円を半分に折って切っていた子 ↓ ↓

それに!整頓の方法にも個性が出ていましたね

細かい紙をなくさないように、切った紙を糊のスティックにはめながら置いて行く子もいました

色分けしてきちんと並べて行く子 ↓ ↓

ゴミをまとめながら作業する子 ↓ ↓

作業の仕方一つで、子供達の個性を垣間見た気がしました 笑

ひたすら円を切ったら、次は色を選んで紙と紙を糊でつなげていきます。

どんどん繋がっていきます!!

横にビヨーンと伸ばすと・・・こんなに長い

立ち上がって、持ち上げたら・・・(3人まとめて) ↓

各々の配色もお見事です!

おやおや、首に巻いてる子もいますね

半分くらい完成した子は、斜めに置いたベニヤ板を使い、遊び始めました

板の上に置くと、ゆっくりと下に向かい回転しながら落ちていきます

「おーすげー」「おもしろい〜」

椅子を使って遊ぶ子もちらほら・・・紙に命が吹き込まれ、まるで生き物のようです

児童は遊びを通じて、日常に欠かすことのできないバネの素晴らしさに触れてくれました

阿部

講師企業:フセハツ工業

ブログ「ばねとくらす」

http://www.fusehatsu.co.jp/blog/2018/11/01/44

 

 

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!
サポーター会員募集中!

東大阪市内の子ども達のモノづくり教室を応援してください。

東大阪市からの委託事業として、次世代を担う子どもたちにモノ作りの啓発を推進することを目的とし、平成15年より東大阪市内の小学校52校を対象に、5,000人の児童への「モノづくり体験教室」を実施しています。

「モノ作りの町東大阪」について、地元企業活動を子どもたちに知ってもらうことと同時に、道具の使い方、モノ作りの基本、素材の基本等を、実体験を交えながら学んでいただけます。

現在、12社の地元企業が講師となり、13教室を実施しています。

モノづくりの町東大阪市として、「モノづくりのDNAを次世代の子供たちに残したい。」

そんな思いで講師の方々はご協力くださっています。

▼「モノづくり体験教室」の詳細は下記をご覧ください。

社会教育支援事業「モノづくり体験教室」

▼サポーター会員への参加ご希望の方は、こちらをご覧ください。

会員入会ご案内

<NPO法人 東大阪地域活性化支援機構>
〒577-0011  東大阪市荒本北1丁目4-17 クリエイション・コア東大阪
((株)ロダン21内)
TEL : 06-6745-2337  FAX : 06-6743-0122


会員の皆様は、NPO法人東大阪地域活性化支援機構のサイトと、相互リンクを張るためのバナーをお使いください。

▼リンクは下記のURLへ張ってください。

みんなで「東大阪モノづくり応援隊」になろう!サポーター会員募集中!
http://npo-higashiosaka.org/?p=1093

npobunner_s

npobunner_m

npobunner_l