Pocket

2019年10月31日(木)磁石体験教室が行われました。

講師は株式会社下西製作所の下西さんです。授業が始まり、事前に副読本の勉強をしたかを確認して、東大阪の町について少しお話をしてくださりました。

日本は他国と比較してとても小さな島国で、ほとんどの物が輸入品で賄われています。

しかし、日本の「東大阪」という場所は、世界に向けて部品や商品を製造・販売し、一国と同等の年間売上を出している土地だそうです。

そのうちの一社として本日は下西さんに体験教室を行っていただきました。

磁石とは縁の下の力持ちで、生活に欠かせない重要な役割を果たしていますが、目に見えているのはごく一部だけです。えっあんなところにも?と思う場所に使われています。

なにより、地球という大きな磁石によって方位が決まり私たちの暮らしに影響を与えてくれています。

ここからは体感していただくために世界最強の磁力を持つ磁石を使って簡易方位磁石を作ってもらいました。

不思議にも鉄は磁力をため込む力があって、磁石に変化できます。磁力を帯びた鉄は、当初ばらばらだった向きが、水の上に浮かべると北と南にきちんと方向を変えました。面白い理科の実験ですね。

そして最後に、磁石発見機を作ってもらいます。

名の通り、どこに磁石が使われているのかを発見できる特殊な紙を使い、ルーペ風に作っていきます。

ただ作るだけでなく、おしゃれにしてもらいます。皆さんが物を買うときの、選ぶ基準を重要視します。

・頑丈である

・使い勝手の良さ

・デザイン性

この三つを守ります。これが結構難しいんですよね。でも皆さん高学年という事もあり、飲み込みが早く楽しげに作っていました。

大きく穴を切り過ぎたらダメだよと忠告されていてもつい大きく切ってしまい、どうしよう悩んでいた男の子も機転を利かして素敵なものに仕上げていました。

失敗してもその後の対応でなんとでも挽回できるという、素敵な体験ができました!

最後に冒頭からずっと講師の下西さんが大事だと思うことをもう一度声に出されて説明されました。

死ぬ気で勉強をする!隣りの子と仲良くする!たくさん友達を作ろう!

大人になっても大事にしていきたいですね。

素敵な体験教室をありがとうございました!

講師企業>株式会社下西製作所 様